IT営業の仕事概要!求められるスキルややりがいは?

IT業界は大きく成長を続けている業界ですが、それとともに「IT営業」のニーズも高まっています。この「IT営業」とはどのような仕事なのかご存じでしょうか?ITが対象の営業なので特別なスキルが必要なのか気になるところです。営業に携わる人はIT営業の仕事内容や、どのようなやりがいがあるのかを理解しておくことをおすすめします。IT営業に求められているスキルを知ることで人材を適材適所へ配置し効果的に営業を行うことができるでしょう。

IT営業ってどんな仕事?

IT営業とはIT業界の営業職のことです。ITに関する製品やサービスを求めている顧客へ商品導入のメリットを知らせ、契約につなげることが仕事といえます。IT営業では企業のサイトなどで商品を知った顧客からの問い合わせに対応することが多くあります。商品やサービスに関心がある顧客を中心に営業を行うところがIT営業の特徴です。IT営業は商品やサービスを売るだけでなく顧客の問題解決に応えることが重要な仕事といえます。顧客の要望に応えるには、営業マン1人ではなくSEなど社内チームが協力する体制が大切でしょう。IT業界の平均年収は500~600万円前後といわれています。IT営業は賞与や昇給に営業能力が反映されやすいので実際の営業職の年収はもっと高めと推測されます。

IT営業に必要とされるスキルは?

IT営業にはITに関する専門的な知識や資格は問われないことが多いので営業に必要なスキルを磨いておくことです。ヒアリング力は営業の基本となるものですが、特にIT営業では顧客の問題について良くヒアリングをすることが大切でしょう。悩みを聞き出し顧客の立場に立つとプレゼンテーションもスムーズに進むことになります。ITに対する顧客の理解度に応じたプレゼンテーション能力も必要です。分かりやすく製品を実際に操作してみるデモンストレーションや導入後のメリットを具体的に伝えることです。そのためIT営業には顧客に説明する高い能力も求められます。ほかにも例えば営業マンだけでは解決できない専門的な内容などへの問題解決能力が必要でしょう。顧客からの要望に応えるためには、ほかの部署との連携をとるなど問題解決へ向けて努力する場面も出てきます。時には顧客からの無理な要望を、SEなどの情報をもとに正しく判断して断る必要もあるでしょう。IT営業には社内チームで協力しながら進めていくスキルも必要とされています。

どんなやりがいがあるのか

IT営業は自社の既製品をただ販売するだけではなく顧客のニーズを開発部に伝えることもあります。また開発部の商品やサービスについて顧客に分かりやすく伝えることも必要です。開発の際にはIT営業の情報が重視されることもあるでしょう。このようにIT営業は顧客や開発するエンジニアと一緒に商品やサービスを作り上げていく仕事です。IT業界は成長を続けている将来性のある業界ともいえます。ITに関心があり営業が好きな人にとって、IT営業は大変やりがいのある仕事といえるでしょう。

IT営業で顧客と一緒に作り上げていく

IT営業にはSES(システムエンジニアリングサービス)や派遣営業があります。SES営業は顔見知りの企業が対象となる場合も多いのでチャレンジしやすいことがメリットです。またIT営業には企画や提案営業、パッケージやサービス営業といったさまざまな種類があります。提案営業(SI)は顧客にハード・ソフトウェア両方を提供するものです。SIに通信回線や複数の商品が組み合わさった状態で仕事の幅が広がると「ソリューション営業」になるのです。IT営業は自社商品に興味を持つことで変化のある営業スタイルが可能になるやりがいのある仕事といえます。IT営業では商品を売ってからも多くは顧客とのつながりがあるので自社とのパイプ役として活躍することになるでしょう。IT営業で顧客と一緒に商品やサービスを作り上げていく醍醐味を味わうことをおすすめします。

営業・販売にお悩みの企業様

弊社は営業に関する売れる仕組みづくりのプロです。 なにか営業・販売において少しでもお悩みの企業様はぜひ一度お問い合わせください。


営業を0から学びたい個人の方
or
営業力に自信がある個人の方






弊社には優秀な営業コンサルタントが在籍しています。営業のプロ集団のもとで働きながら学んでみませんか?
営業力がついたら子会社として独立も可能です!