クリエイティブさが求められる!?広告営業の魅力とは

クリエイティブさが求められる!?広告営業の魅力とは

広告営業は広告代理店などの広告関連企業で働く営業パーソンのことをいいます。クライアントに合った広告や企画を提案しクライアントが抱える問題を解決していくのが仕事です。営業職でありながらクリエイティブな側面もありアイディア力も問われます。自分の携わった企画・広告が世間を動かすこともあるなど、やりがいの感じられる仕事といえます。

広告営業の仕事とは

広告会社の営業職が広告営業です。クライアントの直接担当として課題のヒアリングや提案など企画のプレゼンから広告の実施にいたるまであらゆる責任を負います。クライアントと自社の窓口となりクライアントと社内スタッフ(クリエイター、マーケティング担当)とをつなぐ仕事です。自社にいるときはクライアントの代表として、クライアント側に赴くときは自社の代表として働きます。またプロジェクトがスムーズに実行できるようスケジュール管理、コスト管理、社内各部署の調整、広告品質の維持などに気を配ります。時には新しい企画を立ち上げるなどプロデューサーとしての役割が求められることもあります。営業職ではありますが、広告を売るだけではなく企画の立案などクリエイティブな業務もこなすことになるのが広告営業の特徴です。

広告営業必須のスキル!それはコミュニケーション能力

広告営業はやりがいがあり仕事が好きと語る人も多い職種です。広告営業という仕事につくのに特に資格は関係ありません。ただ残業が多いなど一般的に激務になる傾向があるため、仕事に耐えるだけの体力、精神力は必須といえるかもしれません。またクライアントのむちゃ振りにも対応できるような柔軟性も求められています。ただ数あるスキルや能力の中でもっとも重視されるのはコミュニケーション能力でしょう。広告営業はクライアントや自社スタッフの調整役です。クライアント側、自社内の多くのスタッフとやりとりすることになるため、高度なコミュニケーション能力が必要となります。
コミュニケーション能力が高い人というと「話し好き」「社交的」というイメージを持つ人も多いかもしれません。しかし、ここでいうコミュニケーション能力はこれとは少し異なります。実は「社交性が高いこと=コミュニケーション能力が高い」というわけではありません。ここでいうコミュニケーション能力は相手の意図を適切にくみとり自分の意見を論理的にわかりやすく伝える力です。クライアントの要望をよく聞いて的確に実現すると同時に商品やサービスの魅力を顧客や消費者にわかりやすく伝えるのが広告の仕事です。営業にもこうした人に何かを正確に伝える能力が求められています。

コミュニケーションスキル以外に必要なスキル・マインドは?

それではコミュニケーションスキル以外に広告営業にとって大切なスキルやマインドにはどのようなものがあるのでしょうか。まず求められるのが自分の売っている商品への自信、および仕事への熱意です。広告営業側に熱意と本気度があれば、それがそのままクライアントに伝わります。また自分の売っているものに自信が持てれば言葉に感情がこもるため、相手を説得しやすくなります。また経営者の求めるビジョンを理解する姿勢も重要です。広告を売るのではなくクライアントの追い求めるビジョンを理解し、その実現の手助けをしているという意識が必要とされます。さらにデータマーケティングやデジタルに関する知識、マーケティングの基本であるデータ収集・分析能力なども要求されているといえるでしょう。もちろん広告にたずさわる人間としてのクリエイティブさも重要な資質になってきます。

何かを作るのが好きな人におすすめ!広告営業の世界で働こう

広告営業は営業職の中でも独特な面を持つ職種といえるかもしれません。クリエイティブな要素もあるため、何かを1から作り上げるのが好きな人にも向いています。「商品を売る営業の仕事」と「ものづくりの現場にたずさわる仕事」、2つの領域にまたがった仕事ができるのが広告営業の魅力です。

営業・販売にお悩みの企業様

弊社は営業に関する売れる仕組みづくりのプロです。 なにか営業・販売において少しでもお悩みの企業様はぜひ一度お問い合わせください。


営業を0から学びたい個人の方
or
営業力に自信がある個人の方






弊社には優秀な営業コンサルタントが在籍しています。営業のプロ集団のもとで働きながら学んでみませんか?
営業力がついたら子会社として独立も可能です!