代理店営業の特徴まとめ!仕事内容や仕事のコツは?

「代理店営業」は一般的な営業とは異なり、既存の契約代理店との交渉や支援を行う仕事が中心となる営業です。自社製品を販売してくれる代理店を新規開拓するなど直接の販売を行わないのが特徴的な営業の職種といえます。商品の販売をしない代理店営業は営業職の中で転職を検討する人が興味を持ちやすい分野かもしれません。しかし代理店営業が簡単にできるわけではないので、どのような仕事内容があり仕事のコツはあるのか知っておくことをおすすめします。代理店営業のポイントを押さえることで結果を出すことも期待できるでしょう。

代理店営業の概要は?

代理店営業は営業職の1つですが、ユーザーに対して直接的な販売をすすめるわけではありません。これが他の営業と大きく異なる点でしょう。代理店営業は自社製品を販売してくれる販売代理店の開拓をします。また契約を結んでいる代理店に営業支援を行い、自社製品がより多く販売できるようにバックアップすることも重要です。販売代理店で製品が売れると販売手数料が支払われ、契約している企業は自社製品の売り上げが増えることになります。企業は販売にかける人材を確保する必要がないので広告費と共に大きな経費削減につながるでしょう。販売代理店との契約は、どちらにとっても都合の良い関係といえるかもしれません。販売代理店に関わる代理店営業は自社製品の販売促進に貢献する大切な存在です。

営業として代理店で働く場合の仕事内容

代理店営業の仕事内容を詳しく理解しておきましょう。代理店営業の仕事で大切なのは契約を結んでいる販売代理店へのサポートです。販売代理店で扱っている自社製品がより多く売れるように製品のメリットや使い勝手を分かりやすく説明かつアピールすることが大切です。販売代理店は販売することが目的なので製品についての理解が深くない場合があります。より製品の良さを理解してもらうことが代理店営業に欠かせない仕事でしょう。販売代理店に寄せられているトラブルやユーザーからの要望などがあれば対応することが必要です。また販売代理店の担当者とは販売の状況などの営業動向について共有しておくことも大切です。代理店営業は既存の契約だけでなく販売代理店の新規開拓を進めていくという仕事もあります。代理店営業は将来に向けて常に危機感を持ち販売を拡大していこうとする姿勢が求められている仕事でしょう。

代理店営業として活躍するためのコツ

代理店営業の仕事で活躍するにはコツがあるので覚えておきましょう。販売代理店は多くの商品から好きなものを選ぶことができるので自社製品をアピールすることが大切です。営業により「自社製品の利幅が競合他社よりも大きいこと」「製品には多くの魅力があること」を代理店に伝えることがポイントになります。魅力がある製品は売れやすいし、売れれば収入が増えることが理解できれば代理店が販売に力を入れてくれる可能性があるでしょう。またユーザーからの問い合わせに営業マンが真摯に対応することや有益な情報を代理店に提供することで信頼感が生まれます。やらないリスクを伝えながら、何かあったときに手厚いサポートができることもアピールしましょう。業績を上げた代理店に対して特典をつけるなどの「特別感」を演出するのも効果的です。売り上げ上位の代理店にセミナーの提供や手数料ランクを設けるなどすれば競合力アップにあるでしょう。ただし代理店によっては販売商品に方針があるなどアプローチしても無駄なケースがあります。その際には引き際を見極めて売り上げ上位の代理店に営業を集中させた方が業績アップにつながるでしょう。

コツを掴んで代理店営業で活躍!

代理店営業は実際に仕事をしてみると多くの代理店のサポートをするなど多忙な分野なのです。1つの代理店にかける営業の時間は限られているのでコツを掴んで仕事をすることが必要です。他の営業とは異なる部分が多い代理店営業ですが、信頼関係を積み上げることの大切さは同じといえます。コツを掴み代理店営業として活躍することで、自社製品の売り上げアップが期待できるでしょう。

営業・販売にお悩みの企業様

弊社は営業に関する売れる仕組みづくりのプロです。 なにか営業・販売において少しでもお悩みの企業様はぜひ一度お問い合わせください。


営業を0から学びたい個人の方
or
営業力に自信がある個人の方






弊社には優秀な営業コンサルタントが在籍しています。営業のプロ集団のもとで働きながら学んでみませんか?
営業力がついたら子会社として独立も可能です!