営業が辛いと言われるのはなぜ?改善策情報まとめ

営業職はいろいろな人と出会え、大きな仕事のきっかけにもなる非常にやりがいのある仕事です。しかし実際には、せっかく営業職に就いたにも関わらず「辛い」といって辞めていく人が少なくありません。なかには数カ月程度で辞めてしまう人もいるでしょう。なぜ「営業は辛い」と感じてしまうのでしょうか。また辛さを感じることなく、営業職を続けていくためにはどのような対策が必要なのでしょうか。ここでは営業が辛いと言われる理由や改善策について解説します。

営業が辛いと思われる理由

営業を辛いと感じてしまう理由は人それぞれですが、大きく3つ挙げることができます。
1つ目は「ノルマが厳しいこと」です。多くの場合、営業職にはノルマが課せられます。個人の能力に適したノルマであれば努力次第で達成できる可能性はありますが、なかには非常に厳しいノルマもあるでしょう。またノルマが達成できなかった際は上司や役員から怒られてしまうため精神的な苦痛を感じることも珍しくありません。
2つ目は「飛び込み営業やテレアポ」です。まったく知らない会社や個人宅を訪問して営業をするのはだれでも抵抗を感じるものです。また話を聞いてもらえることはあまりなく「もう来るな」と怒られてしまうことも珍しくありません。
3つ目は「キャリアにつながらないこと」です。営業には辛いと感じる要素が多くあるのですが、同時にだれでもできる仕事です。実際に新卒でも最初から営業をすることは珍しいことではありません。このようにだれでもできることを延々と続けていても将来性が見えてこない不安があります。

営業の仕事が特に厳しい業界は?

どの業界の営業でもある程度の厳しさは付き物ですが、特に厳しい業界があります。これは大きく2つに分けることができます。
1つ目は「商品の単価が高額である業界」です。具体的には不動産業界、人材派遣業界、広告代理店、投資業界といったものが挙げられます。業界や商品によって単価は大きく異なりますが、数千万単位での交渉をしなければならず、場合によっては億単位のものもあります。そのため、なかなか成約にはいたらず、さらに非常に高度な営業テクニックが求められるのです。
2つ目は「契約が長期におよぶ商品を扱う業界」です。具体的には、製薬業界、保険業界、商社、医薬・医療メーカーなどです。これらの業界が扱う商品は、契約期間が数十年、場合によっては一生続くものもあります。そのためセールスを受ける側としては「本当に契約して大丈夫?」という不安が付きまといかねません。1度関係性を築くことができればその後の営業は比較的楽ですが、それまでは御用聞きのようなことをする場合もあります。

やりがいや楽しさを得られる一面もある

営業にはそれなりの辛さがあるのは事実です。しかしやりがいを感じられる場面があることも忘れてはなりません。まずは「ノルマを達成できたとき」です。厳しいノルマであるほど、その達成したときのうれしさは格別です。次に「大きな商談をまとめたとき」です。商談が大きくなるほど成約までの課題は大きく複雑になります。これを解決したときの達成感には言葉には表現できないものがあります。また社会に大きく貢献できる仕事であれば自分の存在意義も感じられることでしょう。また、やりがいは必ずしも大きな仕事だけに限りません。たとえ小さなことであっても顧客から直接「ありがとう」と言ってもらえればだれでもうれしくなるものです。そして以上のような成果の背景に、自分の努力があるのであれば、大きな自信へとつながります。

新規営業でノルマ達成するための改善策

営業にやりがいを感じるためにはノルマを達成することが一番です。それではノルマ達成を実現させるためにはどのような改善策があるのでしょうか。大きく3つ挙げることができます。
1つ目は「1日の行動目標を設定すること」です。気分で何となく営業するのではなく1日にすべきことをしっかりと設定することで効率的に営業が行えます。また目標があれば、「どのように行動すべきか」が見えてくるため、営業にメリハリが生まれるでしょう。「顧客と雑談をし過ぎた」というようなことがなくなり営業の質が改善できます。
2つ目は「提案資料を工夫すること」です。単に自社の魅力を書いた資料を見せるのではなく顧客の現状に適した形で資料を作るのがベストです。また直感的に資料の内容を理解できるように図や色を工夫するのもポイントといえます。顧客ごとに資料を作らなければならないため準備は大変ですが、営業効果は高いです。
最後に「心理学のテクニックを活用すること」です。例えばメラビアンの法則と呼ばれるものがあります。これは人を判断する基準は、見た目55%、話し方38%、内容7%であるとする理論です。このことから難しい話をするよりも、身だしなみや声のトーンを意識した方が営業は成功しやすいことがわかります。このような心理学のテクニックはたくさんあるため、勉強して実践できれば、営業成績も上がるでしょう。

ノルマ達成で辛い営業の仕事を続ける!

営業に辛い一面があることは否定できません。しかしそんな営業にもやりがいや楽しいことがあることも事実です。ノルマを達成すれば大きなやりがいを感じることができるため、辛さを軽くすることが期待できます。辛さに向き合うポイントを押さえて実のある営業スタイルへと改善していきましょう。

営業・販売にお悩みの企業様

弊社は営業に関する売れる仕組みづくりのプロです。 なにか営業・販売において少しでもお悩みの企業様はぜひ一度お問い合わせください。


営業を0から学びたい個人の方
or
営業力に自信がある個人の方






弊社には優秀な営業コンサルタントが在籍しています。営業のプロ集団のもとで働きながら学んでみませんか?
営業力がついたら子会社として独立も可能です!