営業職にヒゲはあり?ヒゲのマナーや対策は?

営業職にヒゲはあり?ヒゲのマナーや対策は?

ヒゲは生やし方によってはおしゃれに見えますが、その反面で不衛生な印象を与えてしまうこともあります。人に接する職業の場合、ヒゲの生やし方次第では損をしてしまうことがあるかもしれません。特に、営業職のような不特定多数の人に会う職業になると、第一印象がその後の仕事を左右するといっても過言ではないでしょう。営業職なら知っておきたい、周囲に好印象を与える雰囲気や身だしなみ、ヒゲのマナーについてまとめてみました。

ヒゲが他人に与える印象とは?

男性がヒゲを生やす理由には、さまざまなものがみられます。おしゃれの一環で生やしている人もいれば、男性らしい印象にするために生やしているというのも、理由としては多いものです。他には、剃るのが面倒という人もいます。おしゃれや個性の演出を目的にしている男性であれば、ヒゲの生やし方やお手入れは入念にしているでしょう。
しかし、ヒゲを生やした男性は、あまり好ましい印象を持たれていないのが事実です。20〜30代の女性の場合でいえば、全体の80%以上が男性のヒゲを不快と感じています。同じ女性でも「似合っていればよい」という人もいますが、少数派にすぎません。
全体的にヒゲに対する印象を見ていくと、不衛生と感じてしまう人が多数です。よほどきれいに整えていない限り、だらしないという印象を持たれてしまいます。人に会う営業マンの場合、ヒゲを剃るのは基本といえるでしょう。

営業マンが心がけるべきヒゲの処理方法

営業マンは毎日さまざまな人に会います。業務内容にもよりますが、毎回違う人に会うことが多い職業です。仕事を次につなげるには、初回から好印象を持ってもらうことが重要になってきます。身だしなみの一環として、正しいヒゲの剃り方をしましょう。
初めにやっておきたいのがプレシェービングです。洗顔しながらヒゲを剃る部分の汚れを入念に落とし、カミソリの動きをスムーズにする準備をします。次は蒸しタオルです。剃る部分の毛穴を開くと同時に、ヒゲを剃りやすくしてくれます。温かい蒸しタオルを当てることで、およそ40%もヒゲが膨張し、柔らかくなるといわれています。準備が整ったら、いよいよヒゲ剃りに入りましょう。肌を保護したいときは、シェービングクリームなどを使います。剃りの基本は「順剃り」「逆剃り」そして「張り手」です。まず毛の流れに沿って剃り、次に毛の流れに逆らって剃り残しを処分します。最後に、手で皮膚を軽く引っ張りながら深剃りをしましょう。剃り終わりは冷水できれいに流します。必要に応じてクリームなどで皮膚を整えたら、完了です。

ヒゲ脱毛という選択もある

ヒゲの濃さや肌質は千差万別です。なかには、ヒゲが濃いことに悩んでいる男性もいるかもしれません。肌が弱いと、ヒゲ剃り自体に抵抗を感じてしまう人もいるでしょう。生え方にクセがあり、きれいに剃れない場合やヒゲの濃さに悩みがあるなら、ヒゲ脱毛という選択肢もあります。ヒゲの量や肌質など個人差は出るものの、毎日のお手入れが楽になるかもしれません。特にヒゲが濃い場合は、ヒゲ剃り後の見え方が悩みになってしまう人もいます。ヒゲ脱毛を専門にしているクリニックもあるので、まずは相談してみましょう。

ヒゲのない清潔感のある営業マンになるべき!

営業マンに求められる第一印象は清潔感です。清潔感を与えられることが、好印象を持たれる条件と考えておきましょう。そして、清潔感を左右しやすいひとつがヒゲです。髪型やスーツの着こなしも大切ですが、ヒゲが不衛生だと、悪い印象として残りやすくなります。初めて会う相手にも清潔感を持ってもらうには、ヒゲをきれいに剃りましょう。
正しいヒゲの剃り方をマスターし、場合によってはヒゲ脱毛を検討するのも手段のひとつです。営業職である以上、身だしなみを整えるのも仕事と考え、印象のよい営業マンを目指しましょう。

営業・販売にお悩みの企業様

弊社は営業に関する売れる仕組みづくりのプロです。 なにか営業・販売において少しでもお悩みの企業様はぜひ一度お問い合わせください。


営業を0から学びたい個人の方
or
営業力に自信がある個人の方






弊社には優秀な営業コンサルタントが在籍しています。営業のプロ集団のもとで働きながら学んでみませんか?
営業力がついたら子会社として独立も可能です!