営業職はイケメンが向いている?有利になる理由を紹介

営業職はイケメンが向いている?有利になる理由を紹介

話術や気遣いなどで人の心を掴むことが求められる営業の仕事。営業の仕事について、まことしやかに噂されているのがビジュアルと業績の関係性です。容姿が美しいことは営業の仕事において有利に働くといわれていますが、本当なのでしょうか。また、そのように考えられている理由はどこにあるのでしょうか。今回は、イケメンがうらやましいと感じている人も必見!営業をするうえでイケメンは有利に働くと考えられている理由について解説をします。

イケメンは営業で有利になるって本当?

営業の仕事で業績を上げ続けるためには、いくつかのコツを押さえつつ仕事をこなしていく必要があります。そして、コツのなかの1つとして幅広く認知されているのが「営業において第一印象を良くすることは業績を残すうえで重要」という事実です。
初対面の人と会うときには個性的な洋服やヘアスタイルを避けるという人も多いといえます。これは、相手側の視点に立ち「より好印象を残しやすいようにしたい」という心理が働くためです。営業の仕事に携わる人にとって、「人に良い第一印象を持ってもらうよう努力すること」は必要不可欠といえます。
イケメンや美女など容姿に優れた人は、第一印象で良い印象を残しやすい傾向にあることは事実。業績につながる人脈を構築していくうえで、スタートダッシュをかけやすいという点でイケメンは有利といえるでしょう。

イケメンが営業で結果を残せる理由

第一印象が良くても、その後の人脈構築がうまくいかなくては業績を上げることはできません。人脈を構築していくプロセスでも、イケメンであるという事実は有利に働くことが多いようです。多くのイケメンは容姿が優れている事実から、自分に自信を持っている傾向にあります。
というのも、自分の容姿を褒められたり恋愛においての成功経験が多い傾向にあったりと、容姿によって得をすることが多いためです。自分に自信を持っているという事実は、人との会話を積極的に楽しんだり細やかな気遣いをしたりと、人とのコミュニケーションを円滑にする行動につながりやすいのです。
営業によって業績を上げるということは、毎日のコミュニケーションの積み重ねです。人間関係を構築していくうえで、重要な会話や気遣いを難なくこなしてしまえるイケメンは、営業で業績を残しやすいといえます。

イケメンでも営業でいい成績を残せないこともある

「イケメンである」という事実だけで良い成績を残せるということはありません。イケメンである事実が無条件に有利に働くのは、初対面のシーンに限定されます。「イケメンが話術や気遣いに長けている」という説は、あくまで「そのような傾向がよく見られている」というだけのこと。
イケメンであっても、コミュニケーション能力が低かったり、プライドが高すぎてしまうために人間関係を構築することが上手くいかなかったりすると、営業で良い成績を残せません。
仮に、イケメンの営業マンがより良い成績を残している場合は本人の努力があっての成績です。また、自分の容姿に自身がない人でも、話術や気遣い、高いコミュニケーション能力を身に付けることで自信が身に付き、「デキる男オーラ」を放つ場合もあります。デキる男のオーラは、もともとの美醜に関わらず人を格好良く見せてくれ、他人からの印象アップにつながります。

営業職は顔のよさだけが重要ではない!

「あいつはイケメンだからいいよな」と、イケメン営業マンをうらやましく思う人もいるのではないでしょうか。しかし、イケメンだからといってすべての人が良い成績を残せるわけではありません。大切なのは、容姿と性格、コミュニケーション能力がバランスを取れているのか、仕事へ望む姿勢は真面目なのかということです。自分の容姿に自信がない人は、第一印象を少しでも良くするために身なりを整え、コミュニケーション能力を身に付けることを意識してみましょう。自信は余裕につながり、デキる男の格好いいオーラを身に付けられますよ。

営業・販売にお悩みの企業様

弊社は営業に関する売れる仕組みづくりのプロです。 なにか営業・販売において少しでもお悩みの企業様はぜひ一度お問い合わせください。


営業を0から学びたい個人の方
or
営業力に自信がある個人の方






弊社には優秀な営業コンサルタントが在籍しています。営業のプロ集団のもとで働きながら学んでみませんか?
営業力がついたら子会社として独立も可能です!